« 【9月3日号】  「どうなる民主党政権~税金③~」 | メイン | 【9月4日号】  「小沢さん、再び政治と権力の中心へ」 »

【9月3日号】  「予算は俺たちが決める」

民主党が政権を取ったからには、来年度予算を俺たちが決める。

そんな声が聞こえてくるようです。

例年であれば8月末に翌年の予算の概算要求が固まるのですが、
今年は一度固まった概算要求を白紙に戻して、
民主党の政策を反映した予算に組み替えるとのことです。

50年続いた自民党政治を変えるのはまず予算から、ということですね。

50年も自民党と官僚がなあなあな感じで作ってきた予算。

これに大鉈を振るうことは非常に期待できます。

子供手当て、ガソリン税の暫定税率廃止、高速道路無料化、農家の所得補償など、
たしかにインパクトの大きい政策が行われます。

どのような影響が出るのかは、実際やってみないとわからないところがありますが、
やはり先立つものだけは確保しておかなければいけません。

つまり「お金」です。

民主党は今は、9兆円にも及ぶ無駄を削減することで予算ができると言ってます。

これが本当なら民主党の大手柄であり、自民党は何をしてたんだ、ってことになります。

早く無駄を管理する「行政刷新会議」を始動させて欲しいものです。

ですが、その後はどうするのか。

さすがに無駄を削るにも限界がありますし、いつまでも無駄だけではやっていけません。

それ以上のお金となると方法は2つしかありません。

「国債」か「増税」かです。

鳩山さんは消費税を4年間上げないと断言しました。

さらに法人税率は引き下げるとマニュフェストで謳っています。

扶養控除の見直しなどで税収が増えると言っても、焼け石に水。

どのようにお金を捻り出すのか、注目していきたいと思います。

東京の税理士大阪の税理士はベンチャーサポートへ

About

2009年09月03日 08:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【9月3日号】  「どうなる民主党政権~税金③~」」です。

次の投稿は「【9月4日号】  「小沢さん、再び政治と権力の中心へ」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。