« 【9月2日号】  「動き出した民主党」 | メイン | 【9月3日号】  「予算は俺たちが決める」 »

【9月3日号】  「どうなる民主党政権~税金③~」

税金は「法人税法」や「消費税法」と言った、いわゆる「税法」だけで決まっているのではありません。

「租税特別措置法」という法律も大きく関係しています。

租税特別措置法とは、特別法とあるように本来の税法以外に例外的に時間を区切って設定する時限立法です。

政策の都合上、必要と思われる分野について税法を修正するために存在し、
ほとんどの租税特別措置法は減税の効果があります。
(逆に増税の効果があるものもあります)

この租税特別措置法は300近く存在し、合計の減税効果は3.4兆円になります。

特定の業界団体の要望を受けて設定されたものもあり、
実質的には「補助金」のような効果があると以前から問題視されていました。

民主党は、この租税特別措置法を全部評価しなおし、必要なものは税法を改正して恒久法に格上げし、不必要なものは廃止しようとしています。

いわゆる「措置法の透明化」です。

たしかに措置法には特定の業種にのみ有利に働く不必要なものも存在しています。

見直しによって透明化することには期待です。

東京の税理士大阪の税理士はベンチャーサポートへ

About

2009年09月03日 08:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【9月2日号】  「動き出した民主党」」です。

次の投稿は「【9月3日号】  「予算は俺たちが決める」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。