« 【4月3日号】  「自民税調、動きあり」 | メイン | 【4月15日号】  「徴税強化の流れが進展」 »

【4月10日号】  「季節はずれの税制改正」

自民党の税制調査会が今年は春から動いています。

普通の年であれば秋ころに動き出して年末に来年の税制改正の内容を決めます。

しかし今年は別です。

昨年から続くこの不況対策として追加経済対策に減税を盛り込むからです。

減税の柱は
・贈与税の基礎控除増額(110万円→610万円)
・交際費課税の軽減(400万円→600万円)
・研究開発費減税
です。

今日にも補正予算が通ればGW前に国会に法案が提出される見込みです。

現状、今の日本の税制改正の決定権を持つのは自民党税制調査会。

政府の中にも政府税調がありますが、こちらは財務省の意見が反映され増税基調の意見が多く、また実質的な決定権はありません。

自民税調の動きに注目すれば税制改正の流れがわかってきます。

今回の税制改正が景気刺激に有効に働くことを期待しています。

大阪の税理士・会社設立支援の ベンチャーサポート 税理士法人 へ

東京・渋谷の税理士・会社設立支援の ベンチャーサポート 税理士法人 へ

http://www.my-standard.co.jp/システム開発なら㈱マイスタンダードへ

About

2009年04月10日 20:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【4月3日号】  「自民税調、動きあり」」です。

次の投稿は「【4月15日号】  「徴税強化の流れが進展」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。