« 【3月3日号】  「所得税減収、法人税減収」 | メイン | 【3月5日号】  「ついに定額給付金が支給へ」 »

【3月4日号】  「政治が混乱している場合ではありません」

小沢さんの秘書逮捕のニュースが繰り返し報道されていますね。

西松建設から違法献金を受け取っていた容疑です。

当の小沢さんは昨日の晩は雲隠れしていたようです。

鳩山幹事長は「国策捜査だ」とも発言しています。

たしかに選挙前のこのタイミングで、敗色濃厚な自民党にとっては強烈な追い風になります。

麻生さんよりもずっと支持率が高かった「次期首相」の進退は
これで決まるのでしょうか?

「入院」とかの方法で逃げずに、釈明して欲しいですね。

さて世界中で、金融機関への公的資金注入が相次いでいます。

合計すると100兆円ほどになるようです。

もはや想像のできる範囲をはるかに超えています。

大きいお金なのかどうかわからない額です。

これからもさらに公的資金の注入は続く見込みです。

そしてこの影響は必ず税金の出てきます。

まず政府支出の増大により財政が悪化し、国債が増発されます。

金融機関が再生すればお金は返されますが、破綻した場合は結果的に国民が負担するわけですから、税金で賄われます。

だけど、税収は世界中で当分減収の見込み。

税率を上げるか、さらに国債を発行していくか。

税率を上げれば景気が後退するので、やはり希望的観測にたって国債を発行し続けるしかない。

もし景気が上向けば、ここぞとばかりに税金は上がる。

と、簡単にいうとこういった流れになるのは目に見えていますね。

公的資金の注入は将来の増税を約束しているようなもの。

高度成長期の日本にあった税収の自然増のような夢を追わずに、
もっと現実を見て政治をしてほしいです。

大阪の税理士・会社設立支援の ベンチャーサポート 税理士法人 へ

東京・渋谷の税理士・会社設立支援の ベンチャーサポート 税理士法人 へ

http://www.my-standard.co.jp/システム開発なら㈱マイスタンダードへ

About

2009年03月04日 08:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【3月3日号】  「所得税減収、法人税減収」」です。

次の投稿は「【3月5日号】  「ついに定額給付金が支給へ」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。