« 【12月23日号】  「トヨタショックの影響」 | メイン | 【1月17日号】  「医療費控除の範囲」 »

【1月7日号】  「海外からの投資を呼びこめ!」

右を向けば不景気、左を向いても不景気。

不景気が大手をふるって歩く時代になりました。

その打開策として税金面で動きがありました。

ファンドは海外の投資家からお金を預り、日本企業の株式を売買して譲渡益を得ます。

この場合、ファンドには譲渡益の40パーセントの法人税が課税されます。

世界最高水準です!

つまり40パーセントの税金を考慮して投資家に配分しなければいけないのです。

投資家にとっては残念なことです。

これでは海外からお金を引き込めない!

そう考えた政府は大きく方針を変えます。

ファンドにかかる法人税を0にするのです。

そして海外の投資家の投資を増やそうというのです。

アラブあたりにはまだまだお金が余ってます。

少しでも多くの投資を引き込んで、不景気を脱却する糸口を掴みたいところです。

http://www.my-standard.co.jp/システム開発なら㈱マイスタンダードへ


About

2009年01月07日 14:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【12月23日号】  「トヨタショックの影響」」です。

次の投稿は「【1月17日号】  「医療費控除の範囲」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。