« 【11月5日号】  「定額給付金に所得制限ができそうです」 | メイン | 【11月7日号】  「定額減税給付金の効果」 »

【11月6日号】  「埋蔵金とか真水とか」

追加経済対策が発表され、このブログでもご紹介いたしました。

その「事業規模」は過去最大の約27兆円、「真水」は約5兆円になるということです。

ところで「事業規模」と「真水」って何が違うのでしょうか?

「真水」とは実際に国が支出するお金の金額のことです。

今回で言えば定額減税の給付金などが該当します。

これに対して「事業規模」というのは「真水」に保証協会の信用保証枠などの「お金が出て行かないもの」を足したものを言います。

ですので、「事業規模」が27兆円と言っても27兆円支出するわけではないのです。

それに今の日本の財政で27兆円は無理です。

もし可能とすれば「霞ヶ関埋蔵金」を使うしかありません。

「霞ヶ関埋蔵金」は数十兆から百兆円近いお金があると言われています。

ちなみに「霞ヶ関埋蔵金」も本当に土に金が埋まっているわけではありません。

もちろん「徳川埋蔵金」とは全然違います(笑)

「霞ヶ関埋蔵金」とは霞ヶ関の省庁が管理している「特別会計の積立金」のことです。

「特別会計」とは国などが特別な事業を行うために、特別に予算をつけて管理する収支のことを言います。

例えば年金に関する経理などは「受益」と「負担」が明確ですので、
ごちゃまぜにする「一般会計」とは分けるほうが管理しやすい。

これに対して毎年発生するような基本的な歳入と歳出は「一般会計」と言います。

この特別会計で貯まったお金が「霞ヶ関埋蔵金」なんです。

あまり世間に知られていない国の「貯金」。

本来で言えば、使い道が決まっている特別会計なので他の用途で使うことはルール違反です。

でもそんなにお金があるなら廻して欲しいと思うのも心情です。

「埋蔵金」は民主党の細野氏が作った造語ですが、言いえて妙な表現ですね。

今年の流行語大賞になるのではないかと個人的に思っています。

http://www.my-standard.co.jp/システム開発なら㈱マイスタンダードへ

About

2008年11月06日 08:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【11月5日号】  「定額給付金に所得制限ができそうです」」です。

次の投稿は「【11月7日号】  「定額減税給付金の効果」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。