« 【10月14日号】  「マルサ60年を迎える」 | メイン | 【10月17日号】  「捻じ曲がった会計のルール」 »

【10月16日号】  「おもしろ税金シリーズ6 ひげ税」

18世紀のロシアではひげをはやしている人から税金を取る「ひげ税」がありました。

これは当時のロシア皇帝ピョートル大帝が作った税金です。

ピョートル大帝はフランスにあこがれが強く、
フランス人がひげを綺麗に剃っているのに対し、
ロシア人がひげを自慢していたことを嫌ったのが課税根拠だそうです。

ただ、ほとんど徴収できなかったようですが。

この時代のロシアは他にも面白い税金がいっぱいあったようで、
ピョートル大帝は税金好きだったみたいですね。

この変な税金が実は現代にも、とある国で復活してます。

その国はパキスタンです。

パキスタンでは逆に男性がひげを剃ると罰金が取られるそうです。

現代でこんな税金ができる国があるというのは凄いですね。

世界は広いです。


http://www.my-standard.co.jp/システム開発なら㈱マイスタンダードへ

About

2008年10月16日 09:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【10月14日号】  「マルサ60年を迎える」」です。

次の投稿は「【10月17日号】  「捻じ曲がった会計のルール」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。