« 【7月22日号】 「大阪府の財政と税金」 | メイン | 【10月8日号】 ~書籍紹介~ 「99.9%は仮説」竹内 薫 »

【8月28日号】 「村上ファンド元社長、多額の追徴を受ける」

村上ファンド元社長、村上世彰さんが東京国税局から多額の追徴を受けました。

内容は、本来個人で納めなければいけない税金を、関連会社の法人の所得としていたようです。

つまり、所得税の代わりに法人税を納めていたということです。

詳しい事情はわかりませんが、村上さんであれば個人の税率も多分最高率の50%でしょう。

そうなると、法人で所得にして役員報酬を取るほうがトータルの税金が安くなるのでしょう。

ただこういったケースは中小企業ではレアなことです。

また大企業でも珍しい摘発かと思います。

正直、村上さんを「見せしめ」にいているような、そんな気がする摘発です。


☆無料の節税レポートがE-BOOK大賞を受賞しました!!☆
http://xam.jp/get.php?R=7050
ベンチャーサポートでする使える節税情報が満載です!
よかったらダウンロードしてください!!

大阪の税理士・会社設立支援の ベンチャーサポート 税理士法人 へ

東京・渋谷の税理士・会社設立支援の ベンチャーサポート 税理士法人 へ

http://www.my-standard.co.jp/システム開発なら㈱マイスタンダードへ

About

2008年08月28日 18:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【7月22日号】 「大阪府の財政と税金」」です。

次の投稿は「【10月8日号】 ~書籍紹介~ 「99.9%は仮説」竹内 薫」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。