« 【4月17日号】 「道路特定財源が一般財源化へ」 | メイン | 【5月1日号】 「ついにガソリン税復活!」 »

【4月28日号】 「ホンダに巨額の追徴課税」

今日の新聞に衝撃的な課税漏れのニュースが載ってました。

自動車大手のホンダが東京国税局から1400億円という巨額の追徴課税を受けたというのです。

このニュースを見るとまるでホンダが凄い悪いことをしたかのように見えますが、
今回追徴される根拠となったのは「移転価格税制」と呼ばれるもので、
以前から非常に取り扱いが難しい税制です。

いままでも武田薬品や京セラ、TDKなどの大手が追徴されています。

簡単にいうと、海外の子会社との取引価格を通常の価格より安い価格で売ったり、高い価格で売ったりして、日本の本社の利益が減るような取引をした場合に課税されると言うものです。

しかし、言葉で言うと簡単ですが、「通常より高いか安いか」というのが非常に難しい。

今回は「中国の子会社から日本の本社への技術の対価」が安いというものでした。

これって高いか安いか非常に難しい話です。

定価のあるものならばまだしも、こういった値段の付けにくいものが高いか安いかはかなり主観が入り込みそうです。

ホンダの肩を持つというわけではありませんが、
こういった面から一概にホンダが悪いことをして脱税したと考えるのは早計ではないでしょうか。

☆無料の節税レポートがE-BOOK大賞を受賞しました!!☆
http://xam.jp/get.php?R=7050
ベンチャーサポートでする使える節税情報が満載です!
よかったらダウンロードしてください!!

大阪の税理士・会社設立支援の ベンチャーサポート 税理士法人 へ

東京・渋谷の税理士・会社設立支援の ベンチャーサポート 税理士法人 へ

About

2008年04月28日 19:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【4月17日号】 「道路特定財源が一般財源化へ」」です。

次の投稿は「【5月1日号】 「ついにガソリン税復活!」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。