« 【3月27日号】 「アンジェリーナ・ジョリー夫妻の寄付金と税金」 | メイン | 【4月1日号】 「今日からガソリンが値下げになります」 »

【3月31日号】 「暫定税率期限切れ前夜!」

いよいよ今日でガソリン税の暫定税率が期限切れを迎えます。

当初、自民党の政治力で民主党は丸め込まれるのかとも思われましたが、
民主党も存在感を示したことになりそうです。

さて暫定税率が切れたあと、どんな混乱が予想されるのでしょうか。

まず混乱をきたすのがガソリンスタンドでしょう。

ガソリンスタンドは本当は4/1から値下げをすることが実はできません。

というのはガソリン税は製油所から出荷した時点で課税されます。

ということは、4/1に店頭にならんでいるガソリンは、3月中に出荷された高いガソリン税が課されたものになるわけですね。

でも一般のお客さんはニュースで「ガソリン税が安くなる」と聞いているので、
当然安くなっているものと思ってガソリンを入れるでしょう。

結局ガソリンスタンドが値引きをすることになるのですね。

具体的には、出光、コスモ石油、JOMOは値引きするそうです。

しかしENEOSは値下げしない方向です。

あと混乱が生じそうなのが税金を取る側の役所です。

ギリギリまでどうなるかわからなかったため、計算ソフトの対応ができていないところもあるようです。

システムが構築できるころには、元の暫定サ税率に戻る可能性もありますので、きっと大迷惑をしていることでしょう。

いろいろな課題が残ったまま、明日からは暫定税率が廃止されるのでしょうね。

参考:日経新聞3/31

大阪の税理士・会社設立支援の ベンチャーサポート 税理士法人 へ

東京・渋谷の税理士・会社設立支援の ベンチャーサポート 税理士法人 へ

About

2008年03月31日 21:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【3月27日号】 「アンジェリーナ・ジョリー夫妻の寄付金と税金」」です。

次の投稿は「【4月1日号】 「今日からガソリンが値下げになります」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。