« 【3月12日号】 「ガソリン税問題の終わらせ方」 | メイン | 【3月17日号】 「地方の発行する借金が5年ぶりに増えます」 »

【3月14日号】 「民主党のガソリンスタンド支援策」

民主党は3月末までガソリン税の法案を採決しないことで
自動的に廃案に追い込もうとしています。

もし実際に廃案になった場合、ガソリンが1リットルにつき25円ほど安くなって、
一般の人にはありがたいことになります。

ところがその場合に非常に困る人がいるんです。

それはガソリンスタンドです。

なぜなら、ガソリン税が安くなるのは“4月1日”から。

3月中にガソリンスタンドが仕入れた分については、従来どおりの金額で税金がかかっているのです。

でも世間では安くなったと思われている。

ガソリンスタンドは板ばさみになってしまいます。

そこで民主党はガソリンスタンドを助けるべく、
「3月以前に仕入れた分についても税金を安くしてあげましょう」
という混乱回避策を発表しました。

民主党はガソリン税を廃案にする気満々です。
参考:日経新聞3/14

大阪の税理士・会社設立支援の ベンチャーサポート 税理士法人 へ

東京・渋谷の税理士・会社設立支援の ベンチャーサポート 税理士法人 へ

About

2008年03月14日 20:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【3月12日号】 「ガソリン税問題の終わらせ方」」です。

次の投稿は「【3月17日号】 「地方の発行する借金が5年ぶりに増えます」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。