« 【2月15日号】 「子育て新税 断念」 | メイン | 【2月19日号】 「おもしろ税金シリーズ2 渋滞税」 »

【2月18日号】 「前橋市長の親族会社が脱税!」

公人である市長の親族が経営する会社が巨額の所得隠しをしていたようです。

問題になっているのは群馬県の前橋市の市長の親族が経営する建設会社です。

この建設会社は経営が行き詰まり銀行から債務を免除されたのですが、
その処理を何もしなかったようです。

通常、債務が免除されたときは「債務免除益」として収益にあげなければいけません。

確かにお金が入ってくるわけではないのに収益として課税されるというのは
特殊なケースですので一見うっかりミスのようにも思えますが、
なんせ金額がハンパじゃありません。

その額150億円です!!

これだけ大きな金額になれば普通の人ならば慎重な処理をするでしょう。

また税理士が顧問をしていれば当然正しい処理をするはずです。

この結果は67億円の追徴課税を請求されています。

会社側がこれを不服として「国税不服審判所」に審査請求をしていますが、
さてどうなるのでしょうか。

しかし税務的な処理も問題ですが、それ以前に市長の親族会社が150億円もの債務を免除されたこと事態が不可思議な気もしますが・・・。

参考:日経新聞2/18

大阪の税理士・会社設立支援の ベンチャーサポート 総合会計事務所 へ

About

2008年02月18日 20:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【2月15日号】 「子育て新税 断念」」です。

次の投稿は「【2月19日号】 「おもしろ税金シリーズ2 渋滞税」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。