« 【2月13日号】 「もうすぐ確定申告です」 | メイン | 【2月15日号】 「子育て新税 断念」 »

【2月14日号】 「おもしろ税金シリーズ1 入島税」

今日は日経新聞に大きな税金のニュースが無かったので、
日本のおもしろ税金をご紹介しようかと思います。

入島税ってご存知ですか?

この税金は島に入るときに税金をもらおうというものです。
簡単に言えば入園料ですね。

島の環境保全などに役立てるために、観光客から税金を徴収するのですが、
現在は沖縄の離島で実施しているところがいくつかあります。

この入島税を日本の誇る世界遺産“安芸の宮島”が導入しようとしています。

厳島神社は台風がくれば大きな被害がでる世界遺産ですので、
観光客がその保守を担うという考え方は良い考えだと思います。

いくら徴収するかはまだ決まっていませんが、
宮島には年間300万人の観光客が来るそうですので大きな収入になるでしょう。

こういう税金の使い方は目的がハッキリしていて納得できますね。

大阪の税理士・会社設立支援の ベンチャーサポート 総合会計事務所 へ

About

2008年02月14日 20:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【2月13日号】 「もうすぐ確定申告です」」です。

次の投稿は「【2月15日号】 「子育て新税 断念」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。