« 【11月20日号】 「地方の税金に異変あり!」 | メイン | 【11月21日 増刊号】 「他の税金はこうなる2008!」 »

【11月21日号】 「消費税はこうなる2008!」

税率を変えたり、新しい税金を作ったりする税制改正はどうやって決まるのか。
実は「政府税制調査会」という組織がまとめた案をベースにして、
国会で審議され、決まっていくんです。

「政府税制調査会」って何か、簡単に言いますと、
「総理大臣の指示を受けて税金についていろいろ考える会」
のことです。

一昔前は、すっかり発言力を失っていたんですけど、
小泉総理が出てきて息を吹き返しました。

この「政府税制調査会」が今までも色々な意見を発表していたのですが、
昨日答えをまとめました!

消費税について。
「年金を払う財源にするから、消費税率アップするよ」と言っちゃいました。
ついにはっきり言っちゃいました!!

消費税の税率を上げることを明確に言ったのは3年ぶりのことです。
まぁ、「政府税制調査会」が言ったからすぐ決定ということはないんですが、
いよいよ本格的に議論の舞台に載ってきたということですね。

現実的には来年上がることはないでしょう。
2009年が本命です。

ちなみに、「消費税を上げるからと言って他の税金を安くしないよ」とも言っています。
ほんとの意味での増税になりそうですね。

参考記事:日経新聞(11/21)

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年11月21日 21:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【11月20日号】 「地方の税金に異変あり!」」です。

次の投稿は「【11月21日 増刊号】 「他の税金はこうなる2008!」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。